デジタル温度コントローラ

作成日 MSA_ed

スライドショーには JavaScript が必要です。

デジタル温度コントローラー・温度調節器

ホットプレートの温度コントロールとして、使いやすく設計されています。コンパクトサイズでホットプレートと別置きのためレイアウトしやすいです。出荷時には、ホットプレートとのPID設定がされていますので、電源コンセントを差し込むだけで精密温度制御が行えます。ホットプレートのヒータ容量、電圧に合わせてコントローラーも各種取り揃えています。

PCC100G 特徴 ①
    ホットプレートで重要なのは室温から、最高温度までの安定性。PCC100Gは、室温からホットプレートの最高仕様温度までを50℃(または100℃)ごとにエリア設定し、そのホットプレートに最適なPIDパラメータを設定し出荷いたします。
例えば最高温度1000℃のホットプレートを100℃で使用しても安定した温度制御が可能です。

PCC100G 特徴 ②
   ログデータをPC(USB接続)で取得可能。専用モジュール(PCC100G-Com,別売)により、前面からコネクタを接続するだけで、温度データロギング機能およびPIDパラメータ管理などが可能です。ソフトウェア添付

PCC100Gシリーズ/定値(温度一定タイプ)

型番

PCC100G-10A

PCC100G-15A

PCC100G-200V

対象ホットプレート

PA/PHシリーズ

最大負荷電流

10A

15A

15A

ホットプレートとの接続方法

専用ケーブルによるワンタッチコネクタ接続

PID設定範囲

50℃ステップ

50または100℃ステップ

室温から最高温度まで高精度PID制御対応

電源電圧

AC100V

AC200V,φ1

200V,φ3はPCC400となります

対応通信モジュール

PCC100G-Com(別売)

USB-PC接続

電源ケーブル

電源ケーブル 2m、GND付コンセントプラグ(AC100V)

電源ケーブル 3m、圧着端子(R4)、指定プラグ対応(オプション)

納期

3-5日間程度

カタログPDF

PCC100G

図面 PDF

図面 DXF

取扱い説明書

PCC100G取扱い説明書

オプション選定ガイド

PCC100_SG 過昇温機能 追加など こちら

加熱機器の安全性を向上させるために

PCC100シリーズには、安全性を高めるオプションを取り揃えております。漏電検知、過昇温検知など加熱機器(ヒータ)、ホットプレートを安全に運用するノウハウを盛り込んでいます。

ホットプレートは、独自のヒータとヒータプレートの設計により、長寿命(使用方法により異なります)、連続運転などを可能としております。

安全機能(オプション)及び加熱機器の運用について、ご不明点、質問事項などございましたら、弊社、技術者までお問い合わせください。

スライドショーには JavaScript が必要です。

プログラム式温度コントローラー・温度調節器

プログラム式温度コントローラにより次のようなことが可能です。

・時間とともに温度を切る(室温に戻す) 安全対策として

・温度プロファイルが必要なアプリケーションに  50℃で予熱後、150℃で本加熱 その後、時間をかけて冷却 樹脂、接着プロセスなど

温度プロファイルは、ホットプレートの性能により異なります。急峻なプロファイル(3℃/sec)から安定した遅いプロファイル(1℃/min)まで様々なホットプレートを取り揃えています。

PCS100_en(English)定価 45,000-

PCC107-10A

プログラム式

PCC107-15A

プログラム式

PCC107-200V

プログラム式

PCC407

プログラム式

特徴・仕様

最大負荷 10A

ワンタッチコネクタ

ホットプレート接続

ホットプレートとチューニング済

電源電圧 AC100V

最大負荷 15A

ワンタッチコネクタ

ホットプレート接続

ホットプレートとチューニング済

電源電圧 AC100V

最大負荷 15A

ワンタッチコネクタ

ホットプレート接続

ホットプレートとチューニング済

電源電圧 AC200V

最大負荷 25A

ワンタッチコネクタ

ホットプレート接続

ホットプレートとチューニング済

電源電圧AC200V

価格(税別)・納期

89,800-

3-5日間程度

92,800-

3-5日間程度

92,800-

3-5日間程度

 235,000-

 3-5日間程度

カタログPDF
図面 PDF

*サポートソフトウェアなしでのご使用も可能です。サポートソフトウェアにより、PCより温度プログラムの設定、管理を行えます。



コメントは受け付けていません